2020年09月16日

薬剤管理料を取られました(20年9月)

2014年9月に右甲状腺を摘出して、その後3か月ごとにチラージンを服用するために病院通いしています。

血液検査とエコー検査を1年に1回するだけで、あとは薬を服用するだけですが、甲状腺が片方しかないためずっと服用し続けなければなりません。

チラージンそのものは安い薬で保険の3割負担で3か月で760円、月にして250円くらいです。

ところが今回920円に上がっており何が変わったのか調べてみました。

調剤技術料は156点で変わりませんが、前回は薬剤管理料が0点だったのに今回は57点計上されています。薬剤料は98点から92点に6点下がっています。トータルで51点上がりました。

薬の出し方はこれまでと全く変わらないのに160円の負担増です。額はたいしたことありませんが率にすると21%の値上がりです。

診療報酬は2年ごとに改定になるのでそれに沿ったものだと思いますが、薬そのものも出し方も変わらないのに負担が増えるのは何とも腑に落ちない印象です。






posted by スローライフ櫛川 at 13:00| Comment(0) | 医療・介護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: